必要な費用工事費以外にもある

3000万円で家を建てることは結論から言いますと可能です

 

ですが、注意していただきたい点があります。よく耳にする注文住宅の価格は本体工事費のことだけを言っていて、実際の価格では無いという点です。本体工事費は大体、総費用の7〜8割です。
ですので3000万で家を建てたい人が家に掛けてもよい費用は最大で2400万円ということになりますね。

 

広告に書いてある価格のイメージのままですと予算をオーバーしてしまうこともありますので本体工事費以外の諸経費についてもよく考える必要があります。

 

本体工事費用以外に掛かるものには大きく分けて2種類あります。

 

 

・別途工事費用…建物以外に掛かる費用(設備の工事、庭や駐車場など)

 

・諸費用…住宅の購入、建築の際に必要な税金や各種手数料

 

 

この費用がどのように使われているのかを説明していきます。

 

別途工事費用

 

別途工事費用とは、建物以外の場所に掛かる費用です。

 

古い家を解体する場合は解体費用が掛かりますし、新しく買った土地であれば家を建てることができるかを確かめるために地盤の調査をして、調査の結果次第では土地の整備が必要になるため追加の費用が必要になります。
そのため、一概にこれぐらいという目安がありませんが予算の1〜2割は掛かるというイメージでいると良いと思います。

 

諸費用

 

諸費用とは、住宅の物件価格以外の部分で税金や各種手数料、さらにはご近所へのあいさつ回りなどの費用にあたります。

 

税金や手数料の中でも代表的なものは、印紙税、仲介手数料です。

 

注文住宅の場合ですと、契約の際に作成する書類に印紙税が掛かります。契約書に記載されいている金額によって変わります。
契約書に記載された金額と印紙税の関係は以下になります。

 

 

500〜1000万円以下:5000円

 

1000〜5000万円以下:10000円

 

5000〜10000万円以下:30000円

 

 

また、不動産業者に払う仲介手数料も必要になってきます。こちらも物件価格に応じて上がっていきます。
仲介手数料の限度額は(物件価格×3%+6万円)×消費税です。必ずしも限度額いっぱい請求されるケースはほぼ無いですが手数料だけでもかなりの額になってしまいます。

 

納得のいく家づくりをするために

 

注文住宅を建る際には、費用面だけでなく住宅会社選びも非常に重要です。インターネットで簡単に情報を収集できる便利な世の中になりましたが一方で情報量が多すぎるためどの会社が良いのか変わらなくなってしまいます。

 

そこでオススメなのは一括見積もりを取って比較することです。沢山の情報を一気に比較することができますのでそれぞれの住宅会社の特色が見えてきます。また、安い会社を見つけやすいのもポイントです。200〜300万円以上の価格差が出ることも珍しくないので、お得に住宅を建てるということも可能になります。

 

オススメは、タウンライフです。

 

大手企業なので利用者も多いですし、予算を伝えるだけですぐに業者をピックアップしてもらえます。建てたいけどまだ悩んでいるという方でも一度見積もりを取ってみるのも良いかもしれませんね。

 

こちらは厳しい審査で厳選した優良企業のからプランの提案、見積もり書などを作成してもらうことができます

 

 

ぜひ一度こういったサービスもうまく利用して賢い計画をたててみてください。